彼女が欲しい理系の僕
彼女が欲しい理系の僕 トップ

彼女が欲しい理系の僕

私は常々、彼女が欲しいと思っています。

でも、実際のところ、彼女が欲しいと思っているだけではなかなかできるものではありません。

高校三年生から、理系のクラスにいたので(高校自体は共学でしたが)、気がついたときには同じ教室に女子が2~3人というさみしい高校時代でした。

大学時代もやはり理系でしたので、研究室に女子がいたとしても、たったの一人。たいてい、そういう女子は、顔がかわいくなくても、その同じ研究室の男子学生と付き合っていたりするので、自分の出る幕はありませんでしたね。

そんな学生時代を過ごした私は、社会人になっても女性の接し方がよくわからず、今でも困っているくらいなんです。

文系で、髪の毛も茶色に染めているようだチャラチャラした男性学生とは理系の人間は本質が異なっていると思います。ですから、理系の男性は、理系の男性なりに女性にアプローチする必要があると思っています。

彼女が欲しい

ページの先頭へ戻る